英会話を身に着ける方法

MENU

英会話の学び方

私はカナダで生活していた期間がありましたので、ネイティブスピーカーとほぼ毎日英会話をしていた経験があります。

 

家族会議

 

まずみなさんにひとつ提案したいのがあまり英会話のゴールを高すぎる場所に持っていかないことをお勧めします。
例えば映画で見るような、ネイティブスピーカー同士の英会話なんて何年も海外に住んでやっと身に着けるものだと思います。
大事なことは、まず相手の言っていることが何かわかるようになるリスニング力を鍛えることです。
次に多くの人はスピーキング力と思いがちですが、簡単な単語力と文法力を分かるようにすることです。
この二つが英会話においてとても大切であると思います。
自分の言いたいことを難しい単語や文法を使わずに、簡単な単語で表現することが大事だと思います。
私は現在日本に帰国しましたが、問題なく、笑って話ができるほどには英語を話すことができるようになりました。
おすすめの勉強方法はやはり一番には日本を好きなネイティブスピーカーの友達を作る。
または現在は無料で動画媒体で英語を勉強できる環境だと思うのでそれを使うのが効果的だと思います。
あとは日常生活で、これは英語でなんていうのかな?と疑問を持ち、何度も検索し覚えるのが重要です。
さらに今では、英会話ブームであちこちに英会話スクールができて、コーヒー店でも外国人相手に英会話のレッスンを受けている人を見かけます。
もちろん地道にこのような訓練を続けていくことは効果はあるでしょう。
ただそれにかける費用を考えると、少し疑問に思うこともあります。
実際に英会話が必要になってくる場面と言うのは決して形式的な挨拶や問いかけではありません。
挨拶の後に続く、内容のある話を英語で相手に対して使えるか、そして相手が何を言っているのか理解できるのかが重要です。
想定内の話であれば、街で見かけるレッスンで、なんとか対応できるかも知れません。

でも、実際に相手と英会話で話す内容は想定外のことが多いのです。
ですから、相手に英語で文法や語法に少々難があっても、こちらの伝えたいことを英語で話すことができるのかを検討する必要があります。
そしてさらに大事なことは、相手が話していることを80%はきちんと理解できているかです。
なんとなく、挨拶して近況の話を伝えられることはできたとしても、実際に仕事をしたり、生活するための英会話力は見につきません。
外国人以外と話す方法で最も効果的なのは、気に行った海外ドラマのシリーズものを、何百回もひたすら聞き続けること、あと薄い英会話の例文集を完璧に暗記して、条件反射的に話せる様にしておくことです。
これらの訓練で、ある程度の英語力を身につけた上で、外国人と英会話をすればよりネイティブな英会話を身に着けることができるようになります。