日本人が英語が苦手な理由について

MENU

日本人が英語が苦手な理由

日本人は英語が苦手な人が多いですが、どうしてなのかと疑問に思う方も多いはずです。
しっかりとした理由もあり、日本語と英語が音が違うため、日本人には聞き取ることが難しいから苦手だと言われています。
まず、日本語は音が英語よりも低く、逆に英語は日本語よりも音が高いです。
そして英語を発音することができる条件として、英語を聞き取ることができなければなりません。
日本人は英語を聞き取ることが難しいと感じるため、英語が苦手だと感じてしまうのです。
つまり、英語ができない理由は英語を正しく聞き取ることができないからであるため、真っ先に勉強しなければならないのは、リスニング力とスピーキング力です。
よく英語の単語を勉強したり、文法を勉強したりしなければならないと思い、必死に勉強をする人が多いですが、英会話をする目的であれば優先度はとても低いです。
なぜなら、その勉強方法は受験勉強などで受かるための勉強方法であるからです。
そのため、実用的な英語の勉強方法ではないため、学校の英語の学習が終了するととたんに忘れてしまうのです。
そしてもう一つは英語を続けて勉強することです。

 

アメリカ

 

持続して勉強することができなければ、英語を自分のものにすることは難しいです。
英語を継続するために大事なことは英語を好きになることです。
そのためにはまず目標を決めて勉強をしなければなりません。
目標を決めることで自分が何を目指したいのかを明白にすることができるので、自分のやる気に繋がります。
そして英語を勉強するためには英会話教材を使うのが良いでしょう。
七田式英会話という有名な英会話教材があるので気になる方はこちらのサイトを見てください。
七田式英会話って本当に効果あるの?
そして、ひたすら目標に向かって英語を勉強しましょう。
ですが、目標設定をするのにも注意が必要で、難しい目標に設定しすぎると、達成感を得ることができなくなってしまいます。
達成感を味わうことで英語が好きになり、できる人も多いので目標は細かく設定すると良いです。
また少しずつできるようになるため、どんどん英語を好きになることができるようになります。
できるほど楽しくなるのであきらめずに英語を続けましょう。